Master[ Admin ::: Write ::: Comment ]
料理人シリュウの「大シケ航海日誌」
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
シリュウ
性別:
男性
自己紹介:
姓はシリュウ。名は不詳。
かつてはポルトガル国籍であったが、フランスに亡命。ジャンヌ・ダルクの霊感に導かれたとの噂もあるが未確認。
現在は『戦う料理人』を目指し日々活動中。
バーコード
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新年早々、ボアレス鯖でバルシャ模擬をして参りました。これはすごくおもしろかったんですけど、海事熱を触発されましたので、海事の私見について、熱く語ろうかと思います♪

(え?身の程?それって食べられるんですか?w(*´θ`*)



第一回 単艦どうしの戦闘テクニックについて


 対人戦・NPC戦を問わず、戦闘における最大の要素は何か?小生は「旋回」「スピード」にあると思います。とはいっても、大型艦がひしめく模擬にコルベットで出る人はまずいないでしょう。側面の通常砲撃で沈んでしまうほど装甲が薄くては意味をなさないからです。

 では装甲が決定的要素かといえば、明らかに違います。貫通や水平スキルが高い場合、クリティカルを与えることで堅さはほとんど意味をなしません。大砲も名匠などになるとクリダメージは圧倒します。

 回避や弾防御系の効果は有効かもしれませんが、効果の検証はできていません^^;(他者に譲りますw

 聞いたところによると、回避はクリティカル発生率の軽減、弾防御はダメージの%軽減だそうですが、後ろ前をバッチリ取られていてはクリはいずれもらってしまいますし、防御してる弾以外の砲撃にはダメージをモロに喰らってしまいます。

 しぶとく生き残り、敵の隙を突いてクリを与える、これが戦闘、特に対人戦では必須となりますが、そのために必要になるのが「旋回」「スピード」といえましょう。

 私の経験上、高い旋回能力をもち、高速に移動する船を沈めるのは極めて困難ですが、集団で撃ち合う場合の、最低限の装甲を持つ船は、どうしてもこの二つの能力が抑えられているわけです。(フリゲート並みに旋回し、速度が出る戦列は神ですw

 そこで重要と考えるのが、「行動予測」になろうかと思います。接敵した場合、相手の行動を予測することでクリティカルを与えるチャンスを持ち、うまく敵の攻撃をかわすことにつながります。

 具体的に説明すると、「ピンチのあとは最大のチャンス」が訪れるということでしょうか。(その逆もしかりなんですけどw
例えば、いままさに後ろを取られようとしている場合、深く、160~170度の急旋回をすることによって逆に敵の後ろを取るチャンスになります。(図1)


図1

 この場合、たいていは「ウロボロスの蛇」状態になってしまいますが(図2)、そのときに今度は逆旋回をすることによって、更なるチャンスを得ることが可能です。(図3)


図2


図3

 深く旋回しているときに攻撃を受けても高い確率でクリティカルをもらうことはさほどありません。旋回中の敵にうまく当てるテクニックはとても難度が高いというか、当てる方法のコツがあればぜひ教えてください!

 とまぁ、急旋回は敵を交わす場合の有効な手段かと思いますが、クルクル回っていてもいずれは自滅してしまいますから、行動を予測しで撃ってこないタイミングをうまく計って急旋回をすることが有効です。砲撃直後のチャージ中に旋回するのがオーソドックスといえます。

 例を挙げますと、(図4)のような状態にある場合、敵の旗艦を狙いたくても、敵が側面にいるため手が出せません。敵旗艦もそれがわかっているので油断しているケースです。しかし、側面の敵が砲撃をした瞬間に、左100~120度旋回をすれば旗艦にクリティカルのチャンスです。


図4

 「90度旋回で十分じゃないか」と思われる人もいるでしょうが、私は深目の100~120度の旋回、もしくは薄めの70~80度旋回の方がよいと思います。というのも、クリティカルの確率が格段に上がるからです。90度では自艦の航行速度の関係上、クリを逃す可能性がありますが、深めに旋回し、旋回中に砲撃をすれば、船主との垂直を維持したまま砲撃が行えます。(図4の赤の位置)また、薄めに旋回しておけば「流し撃ち」状態になります。これも相対速度が低下するため、クリポイントをうまく捕らえやすくなります。

 実際に利用してる方も多いと思いますが、旋回中、もしくは砲撃可能エリアのギリギリのラインというのは「クリティカルの量産ポイント」です。旋回をすることで絶妙なポイントに長くとどまることができますし、同じ理由でギリギリのラインは相対速度が落ちますのでクリが発生しやすいわけです。

 その昔、かなりうまく沈められたことがありましたが、それは(図5)のように射撃直前に微妙に位置取りをされました。双方ともずいぶん速度があったのですが、きっちりクリをいただいて沈みました。これも、巧みに旋回されたためにいいポイントを維持した状態で撃たれてしまったわけです。


図5

 以上、大雑把ではありますが、単艦同士の戦闘でのテクニックと呼べそうなものを挙げました。もっとも重要なのは、相手がどう移動するか、その先を読むということに尽きます。これはセンスもあるでしょうが、経験を積むことが一番なのでしょう。


 
 とまぁ、理論家っぽく演出してみましたが、いかがでありましたでしょうか?w




>撃沈リストに「シリュウ」が乗ってる皆様へ

 生温かで、それでいて冷ややかな笑みはなるべく堪えていただけますよう、伏してお願いいたします・・・・w
( ̄ε ̄;)




PR
いま現在、うちのデスクトップパソコンが無期限ストライキを行っております・・・

話し合いの結果、環境改善が急務という意見で一致し、復旧に向けて目下、努力しておる次第であります・・・(TT)


勢いで自作しちゃったPCなんですが、いろいろ相性が悪かったみたいで、ついにOSが立ち上がらなくなっちゃったんですねー
丸々買い換える気にもなれないので、またパーツ交換で何とかしのごうかと思うんですけど、それでも出費だ・・・

もう自作はやめようと思ってたのになぁ・・・



PS.
山井の完全試合かと思って慌ててお風呂を出て見てた私はいったい何なんでしょうねぇ・・・^^;



安室 奈美恵 pv
久々にブログなんですが、今回はちょっと思うところをサラサラと書いてお茶濁ししようと思いまっすっ!!!(≧▽≦)ノ


ここのところ、我が祖国おフランスは元気がありません。
大海戦でも、負けがこんでいますし、ベイルート・ポンディシェリも攻撃の対象にされ、マカッサル・ヤーディンは旗が変わったまま、取り返せないでいます。
原因はまぁ、いろいろあると思いますが、他の国に比べると団結して何かするということがあまりないように思います。

あまり「お国アイデンティティ」ばっかりで閉鎖的なのも困りものですが、あまりに統一行動が無いのもまた寂しいわけで・・・。

とはいえ、フランスがここまで落ちぶれるまで何もしてこなかった私なのでえらそうにも言えないんですが、ちょっと心意気を持ってフランスの為に投資をしようかなぁと、考えておりますw(〃▽〃)

それといままでの経緯を考えると、私掠行為はあまり国勢強化に繋がらなかったと思います。
昔の話ですが、フランスで軍人をしている商会員が、肩身の狭い思いをしていると漏らしていたことがありました。「フランス軍人」≒「PK」のように思われている、というような感覚・・・

PK行為そのものはシステム上、問題なく認められていますから、するもしないも個人の問題であると私は考えます。が、PKが国のためになったかといえば、やはりならなかったと言うべきでしょう。

やはり、フランスの縁ある地にはフランス旗を立てたい、たまには同盟港でホッと一息つきたい、そう思うのは他のおフランスプレイヤーも同じだと思うわけでw
交易や商売は性分的に専門外なんですが、ちょっと貢献したい気持ちになった今日この頃♪
(。・_・。)



ブリトニー スピアーズ
遠い目



お茶濁し用SS




遙か昔に訪れたティノチティトランの感動は手に入れたデコトラ棟梁作「ポンコツS905i」
を駆り、亜衣ーめんにしていたシリュウです、こんばんわ!ヽ(i´)
д`/


特に書くこともないと言っちゃアレなんですがないかもwwww



とりあえず近況!!!



私めの持ってる砲撃系スキルがすべてカンストいたしました(;´)
Д`A```

けっこう会わないこの手のモンスターに入った模様ですが、あまり実感できる効果がないこの手のモンスターに出会えてちょっとウキウキ♪
失った最大耐久分の感動したかった
一番はスキルがすべてカンストいたしました(;´)

けっこう会わないと生活していたシリュウであった・・・・
だって♪


*このエントリは、ブログペットの「たんたんめん」が書きました。
ジェシカ アルバ
<前作までのあらすじ>

南米でなぜか身ぐる剥がれてホームレスをしていたシリュウ。そんな折、奥地に堂々と生活しているという裸族の噂を耳にする。酋長の「裸王ランディル」に運命的な出会いを果たすシリュウ。彼から伝説と謳われた奥義「遅羅離図夢模餌」を伝授され、欧州に帰る決意を固める。
運良く手に入れたデコトラ棟梁作「ポンコツS905i」を駆り、亜衣ーゴ女帝皇帝閣下に挑む決意を固めるシリュウであった・・・・。



どうでもいいことなんですが、亜衣さんに「全然変ってないけど、それでも見てるんだよ」とダメ出しされて、一念発起したシリュウです、こんばんわ!ヽ(i´д`)/

特に書くこともないと言っちゃアレなんですが、ないかもwwww



とりあえず近況!!!


私めの持ってる砲撃系スキルがすべてカンストいたしました♪
砲撃・弾道学・貫通・水平なんですが、あまり実感できる効果がないんですよね・・・
ホント、海戦はスキルがそれなりにあれば、あとはリアルスキルの方が重要なんでしょうねぇ・・・>遠い目



お茶濁し用SS




遙か昔に訪れたティノチティトランの風景。
これがあのタイトル画面に使われてるヤツですねー
大きさ、高さも圧倒されますが、手前で腹筋運動してる石像が一番印象に残りますかねぇw


お茶濁しSSその2





イカそーめんにして何人分あろうかという大物が捉まりました(;´Д`A ```
けっこう会わないこの手のモンスターに出会えてちょっとウキウキ♪
失った最大耐久分の感動は手に入った模様です(;´▽`A``
煮物


Powered by NinjaBlog Copyright(c) 料理人シリュウの「大シケ航海日誌」 All Rights Reserved.
designed by Himawari-you 忍者ブログ[PR]